うれしいなあ〜
伊藤先生の正しい立ち姿勢と歩き方を実践していると、
気持ちよくって、ラクチンで、上昇志向になって来る気がする。

私は、超がつくような楽天家なので、
ますます、超〜〜オプティミスチックにノリノリになってくるみたいです。

見る人からみれば、単なるおバカになりそうなところを、
奇人・変人に入れていただいちゃった〜。

なんかうれしいな。ありがとうございます♪

こんな風に言っていただく事で、
安心して、のびのび出来るのです。

ありがたい、まるで地球にいる素敵なチームの一員になったみたい!

奇人変人を奇人変人であらしめてくれる人たちがいるから、
安心して生きてられるんだろうな。

皆、どこかで誰かをしっかりと支えているんだと思う。
誰一人、無駄な人はいないし(断言しちゃいます)、

どこかで誰かと話をして、それが全然予想もしない反応を引き出すことはよくあるもんね。

自分が考えたり予想する以上のもの、
予想する以外のものは
自分に見えなくても沢山たくさ〜ん ある。

すぐ目の前に 結果が 
自分が期待したように現れなくても
私も含めた皆が、自分自身の存在を自分自身で優しく受け止められたらいいな。
そう切に思う。

自分を大切にするってのは、
自分の周りにいて、
自分が予期せずに自分の影響を受けている人々への優しさでもあるのだろうね。

だから、命は大切なんだと思う。
01:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
生きるとか死ぬとか、旅立つとか
突然だけど、生死って、ちょっとタブ〜で 繊細な話題です。

今日は、ちょっと毛色の違うタイプのはなし。
人間が住んでいるな3次元(+時間軸)世界とは 別の多次元のお話です。

うっさんくさ〜い、と思う人や、この手の話が好きでない人はスル―してくださいね。

さて、この地球の人間社会のメンバーを、
 どちらかと言えば人に見えない物が見えるほう と 見えない物は見えない人 
の2大グループに分けるとすれば、
私は見えない物がみえるタイプ、に入ります。

私の場合は、どちらかと言うと見るより、聞いたり感じたりします。

これは、第3者〜 医者や知り合い、友人にも認知されているので 
自分だけの想像ではないことは確認済み。

子どもの頃から、生まれることって 不思議だなあと思ってきました。
そして、死ぬってのも不思議だなあ、と。。

小学生のころ、亡くなったおじいさんの顔を見たくて
お棺の中をのぞきこんで、静かなお顔を見て 不思議な気持ちになったこと。
赤ちゃんが生まれて抱っこした時の香りとか、ふっくらしたあたたかさが不思議だったこと。

死ぬのって突然だったり、ゆっくりだったり様々だけど。
運不運だとか言うけれど。

私の少ない体験からは、
誕生も 旅立ちも、人間時間の1年以上前に決まっている。

しかも、本人の最終合意が無いと、実現には至らない。
その合意が、1年以上前には終わっているようなのだ。

実は、わたしの家族の一人が1年以内に旅立つのを知っていたのだけど、
その頃は、自分自身をあまり信じてなかったのと、自分に自信がなかったので、

”そんなの思い違い〜、そんなことあるわけない!”と
心の声を無視して忘れるようにしてました。

そして、見事1年以内に、突然倒れて1週間であっという間に旅立ってしまった・・

ああいう時の気持ちって、淋しいより悔しく思います。。

そして、、1年ほど前の事を思い出し・・・
自分を信じればよかった、もう少し優しく楽しく過ごせたのかも・・と 後悔先に立たず!

それから、信じるようにしました、自分のことを。

初心者だったので、暫くは、エゴがニョロニョロ出てきたり、
自分の強烈な意図的な思いが ムクムクしてきたりして、
最初は、自分自身に届く声と エゴに飾られた思いとが 見分けがつかないことも多かった。

どういう時の自分が、エゴ無しで平穏な状態なのかを
探り、体験し、認識して、
それをさらに客観的に体感するようになってから
すーっとラクに 自分の心で情報をとらえやすくなったかな・・・・・

誕生も、不思議なのだ。

ある日、その突然旅立った家族の一員が地球に帰ってくる、と教えてもらった。
もう〜〜うれしくって、その日はずっとスキップしていたいくらい ルンルンしてたのです。

で、ふと我に返って、、、
”あれ?人間に生まれ変わるのかな?それとも魚だったりして??”
”魚だったら 食べちゃうかもしれないじゃん、それはマズイよ〜〜”。。。

と自問していたら、
”人間として生まれる”ことを知り、誕生日まで教えてくれました。

誕生日??
ん?
予定日が決まっていても、数日前後することがあるかもね?
・・・・・

いや、、生れ出る日は決まっていて、
どうあってもその日に生まれることになっているのだそう。

なぜなら、その日の全ての星の配置が
次回の生の目的に必要だから なのだとさ。

そっか〜、それが占星術なのね。
昔は、星読みは科学だったというから。

すごいですよね、そんなふうに決まっているなんて。
ものすごく壮大だと思う。

だから、一度に多くの人々が旅立つことはあっても、
一度に多くの人々が誕生することがないのでしょう。

沢山の人が 同じ年齢で同じ志向でいたら、つまらない世の中になるよね。
・・・・・・

でもね、そういう誕生や旅立ちの情報貰ってどうなるんだろうな、
と思うこともある。

事故や災害などで突然家族が旅立ったら、
それが1年前から決まってましたなんて、辛いよ、喪失感は耐えがたいよ、

知っているんだったら、どうして最終合意しちゃったの?
もっと生きる事にしなかったかな、なんて 
3次元的には 思うかもしれない。

 (でもね、多次元の・・おそらく魂の世界の感覚と、人間社会での感覚は すごく違うのだ。)

どうしたらいいんだろうね。

私は、自分の凡その寿命を知っている。
面白かったから教えてもらったのだ。

知って何がかわったか?

数日で旅立つわけじゃないから、
”精一杯生きます!”な〜〜んて気張っても 
数日でテンション下がってしまうし、無理。

”毎日を一生懸命過ごします”、なんてのも、
だるい時もあれば テンションあがっちゃうときもあるし。
平坦には毎日暮らせないから 無理。

基本は、自分に嘘つかない ってことかな。
私は出来るだけそうしてます。そうするように努めてます。

自分に嘘つかないってことは、相手にまっすぐな心でいるってことだから、
相手に誠実なんだよね。

それを続けていたら、突然旅立った人に対する後悔が少なくなると思う。
旅立った人が私に対して誠実だったら、感謝が沢山浮かぶと思う。

自分に嘘つかないってことは、
ホントに嫌なこと、気乗りしないことはやらないの。
だって自分のエネルギーと時間は有限なのだよ。

だから、これは明らかに他人へのお愛想でやろうとしている、
と言うことは やらないし、極力避ける。

自分勝手な善意の押し売りもしないようにする、だって押しつけるのはつまらないもの。

でも、好きだとか嫌だとかはっきりしないことも多々あるので、
なんとな〜〜く まあいいか〜、ってダラダラ流れる事も もちろんあります。

そういう時、ついつい自分の思いと離れた行動を取った後で、
”あ、違った”とわかることもある。

あと、私に取って難しいのは、さぼりぐせ。
さぼりたいのか、やらなくていいのか、それが時々わからなくなるのです。

でもね、さぼってズルすると、あとで自分に返ってくるから、
後で判るかもしれないから、それもそれでいいのかな、と思う。

悩んでも 笑っても 泣いても 毎日生きていくのだものね。
お腹もすくし、トイレにも行きたくなるし、眠くもなるし。
子どもが出来たら、生まれるし、面倒みるのだし。

そうやって 毎日を生きていくってことが、
ものすごくパワフルなことだと思います。

もうそれだけで、エネルギッシュ。

存在するだけで周りに影響を伝え、エネルギッシュであり続けるのだから、
旅立った人々には、存在してくれたことに感謝したい。寂しいのだけど、、ね。

そして、旅立たれた人々の喪失感を、
旅立った人の充実感に結び付けることができれば、触れる事が出来れば、
とても素敵だと思う。

そんなことも、この数ヶ月、いつになくよく考えたり 感じたりしていました。

だってね、ドキュメンタリー見ていて、沢山旅立っていくのを見て感じたのだから。
それに、日本でも災害や噴火も 起きていたんだもの。。。
16:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
ベビーマッサージ
カラリパヤットゥ・インストラクターコースに参加中のちささんが 
東京、京王堀の内で アーユルベーダを基本としたベビーマッサージをはじめました!

マッサージする時間が、ご両親にとっても 赤ちゃんにとっても
いつもとちょっと違った 憩いの時間になるといいですね。

主催者のちささんのお母様は、アーユルベーダを数十年実施・指導してきた方。
そのお母様直伝のマッサージをインド・アーユルベーダのレシピで作成したオイルを使って行います。

このオイル、カラリパヤットゥの道場でもあるKKAから取り寄せたものを使っています。
なので、カラリパヤットゥの師匠。シェリフ先生のお墨付き♪
私も、このクリスタルスペースのオイル、愛用しております〜。

ベビーマッサージのクリスタルスペース
 オープン記念♪ マッサージ、500円オフ♪♪

  初回2,300円〜〜>1800円
  2回目以降2.000円〜〜>1700円

 ★ねんね〜おすわりの赤ちゃん★
  日時:5月21日(月)10時半〜12時頃
  場所 クレオ堀の内

 ★ハイハイ〜の赤ちゃん★
  日時:5月31日(木)10時〜12時頃
  場所 堀の内おうち教室

また、ベビーマッサージの教室も開講します。
ご興味をお持ちの方、お近くの方は、ぜひお早めにご連絡ください!

連絡先 :高橋 ちさ (たかはし ちさ)
TEL 080-4371-9351
メール crystal-space@br.petit.cc 
14:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
お香で遊ぶ
お香の会へ参加したあと、、
お香を自分でも楽しんでみたいなあ、、と思ってました。。

でも、やはり、、高尚な感じがぬぐいきれず、、
練り香を買いに行くのに 緊張したりして。。^^;

躊躇しつつも、、お香を買にいってきました。

そ・し・て、
以前使っていた火鉢を引っ張り出し、
古美術・加登さんから購入した『のぞき』に灰を入れ、
引き出しの奥にあった 小さな炭を燃やし、、
季節にピッタリと思って買ってきた 練り香の『梅ヶ香』を焚いてみました。

何とか形だけは、それっぽいみたい。^^

肝心の香りも、、はじめは 香を燃やしてこげ臭くなったりしましたが、、
2回目の挑戦で、見事、、いい香り、、

う〜〜ん 何だかいい感じ。しあわせ〜。

お香を何回もかいでいるうち、、
 あれ?甘い香りもしてきたみたい、、面白いなあ、、
などとと思っていたら、、

そういえば、、パンが焼きあがる香りなのでした。。

香りが色々混じってしまって アハハ でしたが、、^^;;

ちまちまと炭をいじったり、
香炉をセットしたり、、
そういう時間が 結構楽しかった。。

以前、アロマセラピー関連の仕事をしていたので
精油の香りは いろいろ楽しみましたが、

精油のストレートで 直接的なカツンとした香りや 
香りの変化していくさまは とても判りやすく馴染みやすいと思います。

一方、日本のお香の 奥深さ、奥ゆかしさ、、
そして、香りが微妙に変化(へんげ)する姿を味わうのは、 
感性を身体の奥から呼び覚ますような、
少しばかりの集中力も必要で、しかも心地よい空間と時間を与えてくれるようです。

今度は 他の練り香の香りもぜひ試してみたい、、と思い始め、
心がお香にすりよっていくような、、そんな感じの今日この頃です。(^^)
22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
供養香を聞く
2011年3月11日の大震災から 1年。

きっと、様々な方々が、
思い思いの方法で、思い思いの場所で、それぞれの かたちで 
様々な想いを抱いていることと思います。

お香の会に足を運び、そこで供養香を聞いてきました。

 お香は『聞く』、と言いますが、
 そのわけを 教えていただきました。

 古く、お香は天帝(神様)に祈る際にもちいたそうです
 我々の祈りを香りとともに天に運び伝え、
 天帝は 香りとともに(メッセージを)もたらしてくださる、と。。
 天帝から(言葉を)聞く、、ということから
 香りを聞く と いうのだそうです。

大震災の被災地、被災者の方々を思い、会に参加した全員が黙祷し、供養香を聞きました。

供養香の香りは、リラックスする香り、地面に足をつけるような低い香り、そして
安心するような香り、という香りの色がさざめくようなものでした。 

香りは 織物のような気もします。
様々な糸が織り成す織物のように、
一つのお香に含まれる様々な印象の香りが織り成して 身体中に浸透していきます。
そして、心の感覚がゆっくりと変化していくようにも感じます。

今まで お香というのは、敷居が高いもの、という 印象があったのですが、
先生からは、「どうぞ 足を崩してリラックスして香りを聞いてください」との一言。

一気に『お香』が こちらに近づいてくれたような 安堵するようなお言葉でした。^^

いくつかのお香を聞き、楽しみ、
お香の歴史、姿を教えていただき、
お香に関する先生のお好みのお話を伺い、
とても心地よい時間となりました。感謝感謝。

会の最後に、被災した陸前高田市を偲びながら 3年寝かせた貴重な気仙茶をいただきました。
すっきりと懐かしい緑茶の味、美味しかった!

結局のところ、私に出来る事は、
地に足つけて 出来る事を出来るときに、
自分の気持ちにまっすぐに 心いっぱい頑張るだけだな、と思います。

高校生の頃から、迷ったときには、何を選ぶと明日死んでも後悔しないか、
それを基準に考えてきたけど、
それを言い換えると 
”自分の気持ちが一番ストンと来る(落ちる)こと”、”自分に一番正直なところ(方向)”になるのです。。

合掌
17:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
エネルギー変換の術
怒りがムクムクと湧いてきたとき、
それを知った友達がつぶやいた。

 怒りを貯めないで!
 大きな声に出したりして 吐き出して。

  (うんうん、貯めないのが健康のため、だよね。
   ただ、怒りの吐き出しは、くれぐれも他人の迷惑にならないように。
   一人で大声出したり、節分の豆まきの形を借りて(^^)
   怒りをこめて 塩でも何でも蒔いたり投げるのもよいのだ。)


 怒りはとっても強いエネルギーだから、
 せっかくだから、それを自分を癒すために使えたらいいね。

 怒りでも癒しでも、エネルギーはエネルギーだから、ね。

そっか〜、 とってもいいヒントをいただいたように思いました。

せっかくの「燃えるような」「強力な」エネルギーだもの。
無駄にしないで変換して、ヒーリング・エネルギーに出来たら、
とっても強力なヒーリングが期待できそうだよね。

さて、どーやって変換するんだろ。。。

う〜〜ん、よくわからないけど、
なんとな〜く イメージができました。

・せっかく盛り上がってくれた強いエネルギーの
 その炎を消さないようにして、くるっと回転させるようなイメージ。

・回転させたら自分の周りにそのエネルギーを プロテクションとして囲んでみる。

・囲んだら、一呼吸置いて 
 ”ヒーリングのエネルギーに変換する”と強く意識し、 
 自分のやりたいヒーリング方法
 (例えば、身体の痛い部分に流すとか、チャクラをいたわるとか)で使ってみる。

怒りで身体中が燃えている渦中だったら 難しいけど、
例えば怒りを声に出す、などのプロセスを踏んでいると、
その間は、自身が俯瞰して怒りを感情の外側から見ることは可能なのですよね。

俯瞰できる少しの間に 炎を消さないで 意識を変えるのがコツかなあ。

怒りがわくことって あまりないけれど、
エネルギー変換の術の練習のためなら、
時には火のようなエネルギーを発生させるのも楽しいかも、って 思う。
また今度機会があったら試してみよう。
16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
満月111111
もうすぐ満月♪
今年の満月は、2011-11-11 で11揃い。
だから、何なのかは、ちょっとわかりませんが。
節目という感じがしてます♪

満月のパワーは、その2〜3日前からあるのだ と、、
数年前、富士山に向かう途中で メッセージが飛び込んできました。

以前、富士山で山仲間が雪崩に遭って、早々に魂世界に行ってしまったのです。。。
でも、その時わたしは病気中で、お葬式にもいけず、何にも出来なくて、
だから、元気になったら追悼登山しようと思っていたのでした。

元気になって、その機会が到来したとき、
夏富士に夜中登山をすることにしたのです。

それが、丁度満月前、たしか、、満月2日前だったかな。
で、バスで富士山エリアに入ったとき、
満月パワーについてのメッセージが飛び込んできたというわけ。。

その時、”今宵魂たちが集う”とも言ってたなあ。

その夜の富士山は、満点の星空。

友達が雪崩に遭った場所は、”行けばわかる”と
これまた魂君たちに言われていたけど、
歩いているうちに、「あ、このあたりだ」とわかりました。

”わかった”、というのも、不思議だけど、
妙にハッキリした確信がハートに響いてきたのね。。

そのあたりで空を見上げていたとき、
墨汁をドバッと垂らしたようなドデカイ流れ星を見たので
思わず、おぉっ〜、と声を上げたのでした。

なのに、なのに、、近くにいた仲間も皆空を見上げていたのに、
誰も その流れ星を見なかったのだと。。。
え〜〜っ!!あれを見なかったなんて!と、、すっごくビックリしたのだ。

あれはなんだったんだろう。。今も不思議。
誰かが UFO見たんじゃない? なんて言ってたけど、
墨汁を垂らしたようなUFO なんてあるんだろか、ね?

何だかハナシがズレてしまいましたが、
今回、金曜日朝5時16分に満月を迎えるわけですが、
もう満月パワーが地球を照らしてるってことですね。

月の出を過ぎたら、水晶並べて、私も一緒に月光浴でパワーチャージしようかなっ。
ワオォ〜〜ン♪星空moon星空
09:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
恵みに感謝とグッドラック
最近、お金をよく拾います。。
50円とか100円とか、ですが。。。
先週は、3回も。。

これは別に「恵み」と言うより、恵みの神様に試されているみたいな気がする。^^

今までは、お金が来ると、感謝していたけれど、
出て行くお金に 私のために使われることを感謝したり、ハッピーを託したりは殆どしてなかったのね。。

でも、先日のアバンダンティアという豊かさの女神のアチューンメントを受けてから
出て行くお金にも感謝とエールを、、
つまりこのお金を次に手にする人にも豊かさがあるように、願うようになりました。

ちゃんとお金と豊かさに感謝して、それを繋いでいっているか、、
試されたような気がしたのでした。

お金や豊かさって、新しいものが入ってくるスペースと、
それを受け取るパワーが必要なんだろうな。

23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Page: 1/3   >>

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Profile

Entry

Category

Search

Archives

Comment

Trackback

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links

無料ブログ作成サービス JUGEM