花粉や殺虫剤の事
今年は、花粉がものすごい量になっている(なっていた)と聞きました。
30倍だとか400倍だとか・・

400倍って・・・なんなんだ!?

わたくしも、、昨年までは、全く影響を受けていなかったのに
今年は、涙目になる事が多かったので、花粉がすごそうだ〜〜と感じてました。

知り合いが、「花粉が悪者みたいに言われるのはヘン!」と言っていたのを聞いて、
確かにそうだなあ、と思ったので ちょっと書いてみます。

花粉ってのは、受粉するために、春になると風に乗って舞って、
または蛾等の昆虫にくっついて、相手(めしべ)のもとに運んでもらって受粉するわけです。

WIKIPEDIAによれば
 受粉(じゅふん)とは、種子植物において花粉が雌性器官に到達すること。
 被子植物では雌蕊(しずい、めしべ)の先端(柱頭)に花粉が付着することを指し、
 裸子植物では大胞子葉の胚珠の珠孔に花粉が達することを指す

だそうな。

花粉は相手(めしべ)にくっついて受粉してなんぼ、なので
当然くっつきやすいモノとなってます。

日々空中を漂っている化学物質、排ガス、農薬、殺虫剤、PM2.5、
福島原発の屋根が開いているので、今は放射能もかな・・などが 
花粉にくっついて それが体内に入り、
身体がそれを排出しようとするのが花粉アレルギーと呼ばれるもの、と理解してます。

花粉は自身の生命ミッションの受粉のために、
ただくっつくだけで、別に花粉が悪いわけじゃあない、です。確かに。

ネットで「花粉」とサーチすると、
「花粉症」のことばかりヒットするのにちょっと驚き、
まず、、花粉さん ごめんなさい、、という気持ちになってしまいました。

ところで、夏場の薬局も、これまたすごいことが起きていました。
(過去に体験した事)
殺虫剤売り場の棚が、結構すぐに空になることがありました。
ということは・・私は東京在住ですが、
売り場にあった殺虫剤は、東京の空気中にまき散らされているってことになるか。

もし、オーガニックの食材を食べながら、
そのそばで ゴッキーに散々殺虫剤をかけるなら、
せっかくのオーガニックも台無しになってしまう・・(笑

都会の電車はきれいで、床には虫1匹転がってません。
当然殺虫剤を使っているでしょうが、
そこはたくさんの乗客が利用するため、
低刺激なものを使ったり、頻度を少なくして使っているのでしょう。

今、何らかのアレルギーの人は多いと思います。
増えているのでは、とも思います。

アレルギーって 症状自体が小さなものも多いのですが、
ある期間毎日ちょっとずつ身体に負担があ状態は、生産性、効率性に大きく影響します。
何より気持ちよくハッピーになれない。

体力をつけて身体を強くするか、アレルゲンをなるべく遠ざけるか。。
身体の質を変えて、影響を受けないようにしていくか。

(薬ってのもありますが、
 一過性だし体内残留のリスクもあるのでここでは扱わないことにします。)

まずは自分の身体の声を聞いてみて、身体の様子を感じて見てみて
身体が嫌だといっているものには極力近づかないようにして 
日々、自分の身体君を大切にするようにしてます。
15:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
ヘアケアはオイルで〜頭寒足熱
インドでカラリパヤットゥ三昧するまでは、
オイルには、あまりいい印象を持ってませんでした。

汚れる、べたつく、始末が大変 などがネガティブポイントでした。

初めてインドでカラリパヤットゥの練習をした時も、
身体にオイルを塗りまくるのには抵抗がありました。

それに、頭にもオイルを塗るなんて、
何だか ”お風呂に入っていない人”に見えちゃいそうで、これも抵抗があったのだけど。

今ではオイルを愛用してます♪

インドでオイル塗りたくってカラリ三昧していると、
手指の湿疹もなくなり、髪とお肌はつやつやになるのですよね〜。

インド滞在中は、料理洗濯等をやらないからって理由も
毎日のように海水に浸かるから、という事も大きいとは思いますが。

ところで、インドでは、あまりシャンプーをしないほうが髪にいい、と聞きます。
ほんとに、インドの人、髪ふさふさできれいにしてます。

でもね、オイルを塗った頭は洗いたいし、
東京にいると空気が汚くて 髪がよごれた気がするから洗いたくなるけど、ね。

どうやったら あまり洗髪しなくても
髪と頭皮が気持ち良く過ごせるのかなあ、というのが 頭の片隅にありました。

時々ヘナもやってますが、無精な私にはやはりちょっと面倒〜〜。
ヘナやると、4日〜1週間くらいはさらさらで洗髪(シャンプー)しなくていいし、
確かに気持ちはいいののだが。

最近結構いいな、と思っているのが、
洗髪前のオイルマッサージ+蒸しタオル30分♪

ココナッツオイルやアムラオイルなど、
頭によさそうなオイルを手にたっぷりつけて頭をマッサージし、
温めた蒸しタオルで30分置いておきます。

そして洗髪(シャンプー)!

髪がツヤツヤになって、す〜〜っきり、とっても気持ちいいのです〜〜!
その後大汗かかなければ、3〜4日くらいシャンプーしなくても全然平気。
かゆくもくさくもないよ〜。不思議だ〜。

実は、以前もこのマッサージやった事があるけど、
”まあね、こんなものかな?”という ほどほどな感じで続きませんでした。

今思うと、たぶん、塗るオイル量が少なかったのだな。
今は、大さじ1杯くらいは塗ってると思う。(私は耳の辺りまでの短めくせ毛ボブ)

使うオイルの量も、続けているともっと少なくてもいいのかもしれないし、
その時で変わってくるかもしれません。その点は実験中・・・

 最近自分で感じるのだが、人間の皮脂は保護膜として とても必要じゃないかな?
 インドで全身をオイル漬けにしていると、身体もあまり汚れない気がするのだ。
 髪も肌も 皮脂は重要・必要。

 ちまたの宣伝の謳い文句にも 「しっとりお肌」なんて あるものね。
 水分だけではしっとり出来ないよね、適度な油分がほしくなる。
 普段、私等は石鹸などで自然の皮脂をこそげ落としすぎだと思う。

ところでわたし、学生の頃からのぼせやすいほうみたいでした。
登山やってても、カラリの練習でも、
けっこう、私だけ顔が真っ赤になっちゃう事が多い。

 (後日、知り合いの医者に確かめたところ、
 私の場合「のぼせ」ではなく、運動量に心臓と肺がついていかなかったためとか。
 でもなぜか、このオイルマッサージが改善のきっかけに一役買った模様。)

この2週間ほど、オイルマッサージ+蒸しタオルをやってますが、
何だか頭が涼しい?というより、頭が暑くならない!!

頭が熱くないと、こんなにラクちんだ〜〜。
これがホントの頭寒足熱か!!と ナチュラル・ハッピーな気分です。

頭だけ汗をかくこともなく、体調のバランスがとれている感じ。

この「バランス」というのは 体幹とか左右の筋力とか肉体的な機能とは違って、
身体の中に吹いている「今日の体調」という風が いい感じでさらさら流れている感覚♪

うれしくなって調子に乗って、
昨日は、おまけに卵パックもしてみた!

オイルマッサージ+蒸しタオル30分+
 その後卵を一個しっかりかき混ぜて頭に塗って30分〜>洗髪♪
rootz
洗髪は、インドで買ってきたアーユルヴェーダの墨汁の色したシャンプー「ROOTZ」。
インド、ケララ州カヌールでみかける 私のお気に入り。
(しかし、日本での入手先は見当たらず・・・)

卵なんて、すごいプロテインだよね〜。
頭皮と髪の毛が元気になった気がする、
そして、ツヤツヤのさっらさら〜〜♪

時々卵パックすれば、髪の毛が丈夫になってきそう。
くせ毛なわたしですが、くせも弱くなってきそうな気もする。。

とっても気持ちよいので、しばらく続けてみます〜。
ちらほら出てきた白髪もなくなるかなぁ〜。

気持ちよくって おまけに安上がりで なんだか楽しい♪

マッサージに使うオイルは、冷圧搾のココナッツオイル、
またはココナッツオイルと太白ごま油を半々で混ぜるのもいいと思います。

参考サイト インドで伝統的に行われていたヘアケア
11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
鼻、すすらないでね
先日、知り合いの医者から、
 最近、突然涙目になったことない?
と聞かれました。

 いや、特に・・・

 突然アレルギー症状が出る人が多いんだよね、とか。

理由を尋ねると、
大陸からの黄色い砂に 様々なものが付着して飛んできており、
雨に乗ってそれらが大量に落ちてくるのだそうで。

PM2.5 というヤツですね。
ダイオキシンに 窒素酸化物、その他様々なものが混ざって
 もう何が飛んで来てるか いちいちわからない
そういう状況だとぼやいておりました。

 鼻が出たら、絶対にすすらないでね、
 兎に角出てきたものは出して!

普段は 結構のんびりゆる〜〜い人が
語気強く、そう言っておりました。

鼻はすすらず 痰は飲み込まず、
身体が排出したがっているものは
兎に角外に出して、なるべく健康を維持しましょう!

外に出る時はマスクを♪

帰宅したら、手洗い うがいは怠らず、、
という基本が 大切なようです。

暑くなったり涼しくなったり、気温変化もまだあるし、
体力も少しつけておいたほうがいいですね。

そして、身体を動かして、汗と一緒に毒素を排出するのも大切。

カラリパヤットゥをうま〜〜く活用して
元気に過ごしましょうね〜♪
21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
体験談・産前産後のカラリパヤットゥ
体験談を頂きました。

私のカラリパヤットゥ・クラスが始まった当初(2009年)から
ご本人曰く、”細〜く長〜く” 継続的に参加されているCさん、
1昨年の冬、2人目のお子さんを出産されました。

産前産後の身体の変化が、一人目の出産とかなり違って、
思い当たる事が カラリパヤットゥとのことで、体験談を頂きました。

ご本人の承諾を頂きましたので、以下↓ご紹介します♪

-----------------------------------

1回目の出産の時には産前産後共にカラリはしておらず、
妊娠中体調も悪くてあまり体が動かせませんでした。

出産は12時間かかり、自分で産む力が無くて助産師さんにお腹を押してもらい、
吸引で生みました(><)

産後に竹内結子がしたと人気があったインスパイリングエクササイズをして骨盤を戻し、
産前のズボンもはけるようになりました。

2回目の出産では産前産後にカラリをしたおかげで、体調も良く体も軽く順調でした。

出産も、二人目ということもありますが、
6時間で生めて、いきむ時もしっかりお腹に力を入れて生むことができました!

明らかに1回目と2回目の力の入れ方がちがいました。

産後もカラリを続けたおかげで、
2回目にも関わらず産前にはいていたズボンがゆるくなりました。

骨盤が1回目のときよりも締まってお腹も締まった感じです!

出産を考えている女性にもとても良い武術だと身を持って実感しています(^^)


産前は安定期に入ってから、準備体操(ストレッチ)と象のポーズがメインです。
馬とか他のポーズをしていたか忘れてしまいました(><)
象は産前産後に良さそうでしてたんです(^^;;
たまに行く練習でキックも少ししたような…。(※妊娠中〜産前はキックとジャンプはお勧めしません)
体と相談しながら、無理のない範囲で。

練習の間隔が空きつつも、ずっとカラリをしているとなんか違うんです。
それが何か!っていうと難しいんですが、
なんか違う(笑)

産後もまだ授乳中で寝不足だったりもするので、
体調みながら3ヶ月か4ヶ月あたりから再開したような気がします。

やっぱり動物姿勢とキツくない準備体操です。
たまーに、息子と公園でキックをしましたが、
フルコース(のカラリパヤットゥ練習)は月に1回の練習の時だけです。

頻繁にたくさんしている訳ではないのに
体が変化しているところにビックリします。

普通は間隔があくと変化が起こらないか、感じない程度だと思うんですが、
練習後、いつも体がすっきりと軽く感じるのはすごいと思います(^^)

-------------------------------
念のため、
妊娠中は、カラリパヤットゥのキック、ジャンプは避けたほうがいいので、
その点はご注意ください!

体験談をくださったCさん、
産後の身体の変化もあったためか、、
以前より格段に柔軟性がアップされました。

このままカラリパヤットゥを続けて、コアを強くしていくと
非常にバランスのよい身体になると思います。

妊婦さんのカラリパヤットゥについては、
他の生徒さんで 出産前にカラリパヤットゥを出来るだけ続けたいとのご希望を受けて、
動物姿勢など、出来る範囲で練習を続けた方もありました。
その方も、育児をしながら出来る範囲でカラリパヤットゥを続けていらっしゃいます♪

カラリパヤットゥって エネルギー的にも身体を活性化させ、循環もよくなるし、
人間の身体に芯からバランスよくアプローチするようだ、、と感じています。

カラリパヤットゥが、人生をハッピーにするための役に立つのはとてもうれしい♪
18:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
オイル実験
この数か月、というより、3月にインドから帰国後、オイル生活を継続してます〜。 updated

そして、うれしいことにオイルをいただいた♪

oil左にあるのが、カラリ道場でおなじみ、
グリーンオイル
あらゆる痛みに効くといわれる。
・・気温が低いので固まってしまった・・

右にあるのが、アーユルヴェーダを日常に生かすための知恵の数々に詳しい渡辺さんからいただいた
ニルグンディオイル。

これもやはり痛みや関節によいそうな。

早速実験〜〜♪
オイルの実験って楽しいですね。

効果を狙うなら お風呂間に塗る。
ってことで、カラリパヤットゥの練習後、ゆっくり休息できなかったため生じた筋肉痛に塗ってみる。

翌朝の結果は、
すごいなあ〜、すっきり〜、楽ちんだわ〜〜。。
これ、とてもいいです、好き!ありがとございます〜〜!

ごま油ベースで、今の季節でも固まらないのが私にはうれしい。
さらっとした感触も心地よいのです。

これがあれば今の季節も、カラリの練習して筋肉痛になってもOKだわ。(笑
いやいや、しっかり休息は取るべし・・ですが。

わたしのささやかなオイル生活は、
ネットで調べたものに加え、
渡辺さんから教えていただり、太鼓判いただいたりで、
大船に乗った気分で↓こんなふうになってます♪

◇朝は、ココナッツオイルでオイルプリング
ココナッツオイルを小さじ1強 口に含んでモグモグ・ぐちゅぐちゅ。
10〜15分ほどして吐き出します。塩水で歯磨きして終わり。

沢山のオイルを含むと、ほうれい線予防にもよし、とのこと。
その効果は欲しいけど、オイルが多すぎてつらそうなので、
私は小さじ1ほどで、しばらく続けてみます。

=>うれしい更新情報だよん〜。
口いっぱいのオイルじゃなくても、ほうれい線に効くそうです♪わ〜い

やっていると、歯がツルツルになり、お口スッキリさっぱり♪
喉の弱い私ですが、喉の乾燥や炎症予防にもよさそう〜。

◇お風呂には、ホントは入る前に塗るのがベストなのだが。。
よく忘れてしまうのだ・・・

その時によって、
〜筋肉痛なら グリーンオイルか、いただいたニルグンディオイル!

〜乾燥対策には、ごま油(太白ごま油)、ピーナッツ油、オリーブオイル
 時には、オイルを軽くフラワー(アロマ)ウォーターに混ぜて 乳液状にするのもグ〜。

〜関節の強化、柔軟性には
 カラリオイル(ピンダ+ダナンタラム)、ピーナッツ油

ピーナッツオイルは、最低でも週に1回は、背骨など大きな骨に沿って塗っています。

◇寝る前に;
キャスターオイル(ひまし油)を小さじ1杯ゴックン、飲みます。
そして、白湯をコップ一杯。
これは、毒消し〜浄化作用 によいそうな。

以上。

はたして どこがどう変化しているのか、、、
全体として穏やかな変化だと思うので、あんましよくわからないのが 素直な感想。

ただ、、筋肉痛には確実に効いたし、
口は気持ちよくなってるし、
喉にもよさそうなのは明らか、デス。

1年後に美しくなってたりするとすごいけど、などと夢見てみようっと。

お友達に差し上げたカラリオイルは、
 虫刺されの痕に すごくよかった〜、と思わぬ感想をいただきました。
今度インドで蚊に刺されたら カラリオイルを塗ってみようっと。

こんな感想をいただくのも いとうれし・いとたのし

オイル生活しながら、オイル実験をお互い試していたのも、
この数か月の充実項目の一つであります。

つづく・・かな?
15:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
熱中症ってなんだ?
暑いですね、、
熱中症で倒れたり、重篤な状態になった方々のことが頻繁に報道されます。

カラリクラスを開催するときも、
熱中症のことは、ちょっと気になっています。

水分補給は、こまめに取っていただくようにしてますし、
ちょっと疲れた、ふらつく、と言ったときは 首や顔を水で冷やしてもらうようにしています。

ただ、がぶがぶお水を飲むのってのは、どうなのかなあ。。
水を500mlも1リットルもがぶ飲みするのって、大丈夫かなあ。。
身体が疲れそうだ、
汗が大量に出て却って身体に負担がかかりそうだ、

とも思うのですよん。

んで、そもそも熱中症ってなんなんだ?
熱中症って、倒れるまで自覚できない大変な事態になりやすいもの?
動物としてそこまで自衛できないってのは、マズくないか?

と 自分の中で疑問が渦巻いていたので、
主治医でもあり、知り合いでもある医者に聞いてきました。

熱中症とは、暑さで脳髄液などが膨張して脳を圧迫して機能低下に陥る症状。だそうな。。

温めると水分は膨張しますよね、それと同じことが脳内で起こるってことらしい。

なので、つまりは、、頭が熱くならないようにすべし。

首回りを冷やすのもよし、
そして、体温より少し低い温度の水を飲むのがよし、とのこと。

水分補給とよく言われますが、脳の温度を下げるための 目的だったのですね。
昔からの言葉、、『頭寒足熱』とは よく言ったものです。

さて、コンビニには、常にキンキンに冷えた水が販売されていますが、
少々気をつける事が↓あります。

○冷たい水は 飲むと気持ちよいのでつい沢山飲みがち。
 冷えた水が急激に体内に入ると、胃回りの血管が収縮し、胃とその周りの臓器の機能が鈍る

○また、水を大量に飲む癖がつくと、
 ・体内のナトリウム、塩分濃度が下がり、臓器に悪影響がでる
 ・胃液が薄まるため、胃液を過剰に出そうとして胃液過多になる

なにごとも ほどほどに、ですね。

なので、キンキンに冷たい水でなく、ちょい冷ための水が最適。

暑い日なら、キンキンに冷えた水も、外気にさらせば温度があがり、
ちょい冷え程度にもどりそうです。

また、ポカリスェットなどは結構な甘みがあるので
激しい運動時以外は適さない、とのことでした。

また、熱中症には、重篤になる前に、
 気持ちが悪い、
 ふらふらする、といったサインがちゃんとあります。

暑い上に 気持ちが悪い、ふらふらする、という場合は、
 ちょい冷え水を補給し、
 首回りを冷やし、
休息して、頭が過熱するのを防ぎましょう。

どんな症状か知る事で、対処方法の意味も判ってきます。

単に 水を飲めばいい、とがぶ飲みするのではなく、
”頭を冷やす”という目的を認識して、
状況に応じた対処法を選び、無事に元気に夏を乗り切りましょう!


余談〜〜
 ちなみに、糖分と塩分補給で絶妙なのは、握り飯。
 米には、結構な糖分が含まれます。
 塩ふったおにぎりは 塩分補給にもなります。
 そこに梅干しが入っていれば、もうサイコーよ、とは 医者の弁。
09:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
最近の愛用オイル
カラリパヤットゥの練習では、オイルが必需品。

インドの道場では、足の裏まで 全身にオイルを塗りたくってから練習開始します。
仲間は皆、オイルでテカテカです♪

さすがに日本で練習するときには、それほど塗りませんが、
うっすら塗るようにしてます。

ただし、足裏には塗らないけど・・
日本の道場は、板張りの床なので滑るし、足形がバッチリついてしまうのだ。

日本での練習時も、インドから持ってきた 特性ハーブ入りオイルを使います。
たいてい、暑い時用のピンダと 冬用のダナンタイラムをミックスしています。

もうひとつ、ベビーマッサージ用のオイルですが、
この インドのハーブ入りで 手作りのオイル もかなり使い心地がよく、気に入っています。

以前、アロマセラピーの会社で仕事をしていたこともあり、
オイルを使うことには馴染みがありますが。

カラリパヤットゥを始め、身体中に塗りたくって運動してからのほうが、
オイルをぐっと身近に感じ、楽しく使うようになりました。

アーユルヴェーダの専門家曰く、
 オイルは水分よりも深く皮膚から浸透し、
 オイルを塗って汗をかくことで 身体深部の老廃物をコソゲ出してくれる のだそう。

お風呂に入るときも、
 効果を狙うなら 入る前にオイルを塗るのがよい のだとか。
 試してみると、確かに〜!
身体に深〜〜く実感できます。

さて、この2ヶ月ほどのマイブームなオイルは ピーナッツ(落花生)オイル。

ピーナッツオイルは、皮膚の栄養とも言われているみたいです。

瘢痕形成にも 効果的。
引っかき傷やあせもの痕も、ピーナッツオイルをうっすら塗っておくと治りが早い。

手荒れにもピーナッツオイルは 効果的。
皮膚の栄養というのが、実感できます。

私は東京にいると いわゆる”主婦湿疹”という手荒れが悩みの種なんですわ。。
インドにいる時には ぜ〜んぜん出ないのですが。

ピーナッツオイルで栄養補給しているためか、今のところ、例年になく軽く済んでます・・ 

素人なりの考えですが、
 湿疹というのは、皮膚の血流が微妙に下がったりして、
 皮膚が弱って負けてしまうのだと思うので、

 栄養を与えて 皮膚を元気にすれば、
 ある程度は 収まるだろう、と思っているのです。

ピーナッツオイルは 関節にも効果的。
関節の柔軟性向上、痛みの軽減にも 効きます。
それに、関節が元気になる気がするのだ。

ネットで調べていたら、エドガーケイシー療法というのがあり、
ピーナッツオイルで 背骨に沿ってマッサージすることが勧められてました。

それが気持ちよさそうだったので、
最低週1回、お風呂上りに背骨に沿って ピーナッツオイルを塗ってます。

この2ヶ月間の感触では、
塗らないときより、塗ったときの方が、身体全体の調子がいい気がする・・

当初は、ピーナッツオイルの効果ではなく、
それ以外の諸々も関連しているのではないか、と思ったのですが、
塗ったときのほうが、いつも どうやら 調子がいいのです。

ピーナッツオイル、すっかり気に入ってます〜♪
落花生の香りもいいし♪

季節の変わり目は 皮膚が乾燥するほうですが、今年は、今のところ無し。

今まで、ホホバ、マカダミアを始め、
ローズヒップや、バオバブ、アルガン、トマトシードなど 
色々なオイルを使ったり試したりしましたが、

今の自分には、ピーナッツオイルがダントツ!
一番いいです♪♪
こんなにいいのは珍しいくらい〜♪♪

愛用中のピーナッツオイルは  Barr社のピーナッツオイル

日本では、クシロ薬局トータルハーモニー、などから 購入できます。

ただ、落花生はアレルギーの方もいるので、
自分に合うかどうかは、パッチテストしてから使ってくださいな。


また、体調が下がり気味のときに使うのがキャスターオイル。
エドガーケイシー療法でおススメされてました。

ケイシー療法で紹介されている”湿布”は 面倒くさいので、私はただ塗るだけ。^^;

このキャスターオイル(ひまし油)は、
口紅作りには欠かせないオイルとしてお馴染みですが、
”浄化”オイルとして優れものみたい!

肝臓あたりをキャスターでマッサージすると 身体全体にとてもいい感じがする。
ちょっとお疲れ気味の際は、お風呂上りにこのオイルを塗ってます。
粘性が高く 塗りにくいので、うっすら塗っておりまする。


ところで、愛用のピーナッツオイルは、寒い日でも固まらないので、
通年使用するのにも 適しているのでしょうな・・・とも思う。

余談ですが・・
オイルによっては、寒い時期に固まるでしょ。
基本的に、
固まるってことは、その時期には使わないほうがいい、というサインだと
アーユルヴェーダの専門家に教わりましたのだ。

例えば、身体を冷やすといわれるココナッツオイルは 冬しっかり固まります。
つまり、身体を暖める必要のある冬は、使わないほうがいいってことでしょね。

ついでに、
ココナッツオイルは、頭寒足熱という言葉があるように、
カラリパヤットゥでは、頭部に利用するオイルに入っているようです。
16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
古代の飲み物
お茶が好きで、好きで、大好きで、
毎日、様々なお茶をいただきながら 過ごしてます。

お茶を通じて色々な人と出会うこともあり、
お茶は、私の世界を広げてくれ、楽しさを運んでくれるモノでもあります。

現在のお茶は、中国から伝わったと言われてますが、
その前の時代の人って、”お茶”的なものを飲んでいたのでしょうかね。。

今もハーブ茶があるくらいだから、昔も、
近くに生えている植物を摘んで淹れて飲むことはあったでしょう。。。

知人から こんなコラムを教えてもらいました。

縄文人のティータイム

お茶は、大雑把に言えば、
茶葉を摘んで、蒸して煎って、揉んで乾燥させて 作る。

そういう工程に近い事を、縄文人がやっていたとしても不思議じゃないわけですが、
蒸して揉んで乾燥させるくらいなら、ありえるかもなあ、など空想が膨らみます。

きっと、人は昔から 『一服』を大切な『ひととき』として過ごしてきたんだろうなあ。

これって、(他の動物にはなく)人間にしかないものなんだろうか。。。

と空想しつつ、今日は気温も低いので、
以前秦さんのところで購入した”普洱紫茶”で一服か、
それとも好茶工房の武夷茶にするか、、迷うところです。

※好茶工房の今の武夷小紅袍は、めっちゃ美味しかった♪
11:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Page: 1/5   >>

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Profile

Entry

Category

Search

Archives

Comment

Trackback

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links

無料ブログ作成サービス JUGEM