<< main >>
カラリパヤットとの出会い5-インド修行
今日は、インドでの練習風景を写真にてご紹介。teachers

シェリフ先生の指揮の下、師シェリフ先生の優秀なお弟子さんたちも先生として教えてくださいました。
(真ん中が師シェリフ先生、両側が優秀なお弟子さんたち)

滞在中は、私は外国人生徒と一緒に練習してました。
生徒が少なくなると、ラッキーにも生徒が私一人ということも♪


practice1練習内容は、キック、礼拝の型、メイパヤット(動きのある型)、バックベント、逆立ち等、滞在最後のほうになると、それにロングスティック(武器)が加わりました。。。

逆立ちからのバックベントは、先生2人で支えてくれるので、腰と背中の硬い私も安心して出来ました。シンドかったけど慣れると気持ちよかった。
 
practice2practice4practice5


アドバイス下さる先生が複数いるのが、すごくありがたかったです。
というのも。。。
 色々な側面から教えてもらえ、細かな動きを覚えられるんですね。
 手のひらの角度とか、自分で意識しないところも沢山気づくことができます。。
 
 先生たちは、色々と工夫して教えてくださいますし、
 それら全てが、自分がカラリを教える時のヒントになっていくし、
 いつもつっかえる所がすんなり出来るようになったときは、すっごくうれしかった♪

 特に師シェリフ先生のピンポイントのアドバイスは、いつもストンと腑に落ちるので感服でした。

 私は、頭や目で細かく覚えるよりもリズムを掴むとわかりやすかったです。。。
 先生たちからは、フロー(流れ)を大切にするよう言われました。
 細切れの動作ではなく、流れる動作にするのです。
 フローを大切にすると、身体がより動くようになり、楽しくなります。

practice3-practice6
↑帰国前日に記念撮影♪偶然同じ時期に滞在し何かと協力しあった仲間と、先生たち。


それにしても、、
こうやって思い出すと、つくづく楽しかったなあ、、と思う。。
足の裏を怪我したり(それでも練習したくてテープでぐるぐる巻いたりしてた)^^;、
町へ行くのも面倒なほど疲れたこともあったし、結構ハードだったんだけど、
練習して、海に飛び込んで、ご飯食べて、シャワー浴びて、寝て、皆と笑って、、の繰り返し。。

贅沢な滞在期間だったなあと思います。
また来年トライしよう!
11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
11:31 | - | - | pookmark
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Entry

Category

Search

Archives

Comment

Trackback

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links

無料ブログ作成サービス JUGEM