<< main >>
Q&A カラリパヤットの練習はハードですか?
◆カラリパヤットゥの練習は、ハードですか?

■カラリパヤットゥ・クラスでの練習の基本は、
『辛くなったら止める』、『違和感を感じたら、すぐ止める』こと。

静止ポーズでは、『辛くなったらすぐ止めて立つ』がモットーです。
痛くても少々つらくても頑張る ということは、ないんですね。。

もし違和感を感じたり、筋肉に辛さが残る場合は、すかさずストレートキックをすることで、
身体のバランスと気の流れを修正します。

 なので、答えは ノー です。(^^;)

”えぇ?でも筋肉痛になるでしょ?”と思った方もいるかもしれません。
確かに、はじめのころは、日頃使わない筋肉を使うので、筋肉痛になる人が多いです。

でもこれって、考えてみると、使える筋肉が目覚めたってことだと思います。
宝のもちぐされ状態を脱していく、と言うか。。^^

日頃眠っていた身体の特定部分が目覚め、身体の可能性を引き出すことになるでしょう。

また、頑張らないと筋肉ができない、、と思う方もいらっしゃるかもしれません。。
練習を繰り返すことで --1ヶ月に1回でもいいですし-- とにかく続けると、
筋肉の可動域が広がってきます。

頑張りすぎるのは、身体を痛めてしまう事があります。
人生、長くラクチンに身体とお付き合いするには、
身体をいたわりつつ繰り返し使うのがいいのではないか、と感じています。

そうして続けていると、どのくらいなら「頑張れる」のか、身体から教えてもらえるようになります。


12:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
12:15 | - | - | pookmark
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Entry

Category

Search

Archives

Comment

Trackback

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links

無料ブログ作成サービス JUGEM