<< main >>
田中一村
田中一村の絵、かなり好きです。isson

学生時代だったか、、、
教材だったか、、それとも何かの本だったかで見かけた一村の絵にカツンとやられました。

もっと知りたい、もっと沢山絵を見たい、、と思った。

だけど、、その時なぜかブレーキがかかり、
「もし、何年か経ってもう一度出合ったら、そのときに堪能しよう」と決めたのでした。

そして、、今から10年前くらいだっただろうか。。
田中一村のことも、彼の絵も 全く忘れていたころ、またバッタリと出合いました。isson-tori
まるで、忘れていた約束が叶えられたように。

早速書籍を買い、画集を入手し、新聞記事を切り抜き、、
何回も何度も、彼の絵を見つめてすごしたものです。

ー昨年は、奈良で開かれた一村の展覧会に足を運び、
実物の絵に興奮し、本にも画集にも掲載されていなかった沢山の絵も見、幸せな気分に浸りました。

今度は数日前、母から田中一村の展覧会が開催されていると聞き、
びっくり興奮し、、^^; 早速、千葉市立美術館で絵を堪能してきました。

前回いなかった絵たちもあり、反対に、今回は出展されていないものもあり、、
じっくり楽しめました。
isson-mimizku

一村らしい奄美での絵は大好きですが、
その他のお気に入りの絵は、奄美以前のもので、
阿蘇の山を描いた『放牧』、空の青と山と緑、そして小さく馬が2頭の絵。
そして『麦秋』、千葉の農村を描いた 金色に輝く麦畑の絵。

一村さんの感性は、美しいものに素直に反響して、まるでその美しさを絵に放出しているよう。。

まだ2回しか行った事はないのだけど、いつ行っても一村の展覧会は、清らかで美しくて気持ちよい。。

※9月8日の日経新聞朝刊に一村さんの展覧会が紹介されていました。
00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
00:16 | - | - | pookmark
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Entry

Category

Search

Archives

Comment

Trackback

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links

無料ブログ作成サービス JUGEM