<< main >>
東大寺展
上野の東京博物館で開催されている、東大寺大仏展に行ってきました。

こじんまりしていて よかったです〜。

知らんかったのですが、、
東大寺というのは、もともとは、聖武天皇と光明皇后が、
幼くして夭逝した皇子の菩提を弔うため作った山房がことのはじめだったとか。

また、『金光明四天王護国之寺』という名前だったそうです。

聖武天皇の筆によるという、『金光明四天王護国之寺』と書かれた
東大寺の木造西大門勅額が 展示されていました。

この勅額、とても格好良くて、印象に残りました。

結構大きくて、看板の上部には 帝釈天と梵天の彫刻像がおわし、
その下、四隅には四天王の彫刻像、そして、その下に金剛力士の彫刻像が乗っている額です。

これは、桃山時代まで、東大寺西大門に飾ってあったそうです。

この、四天王によって国を護っていただく、という思想で 全国に国分寺を作る命が出されたのだとか。

東大寺は国分寺の総元締めのお寺でもあります。
なので、『金光明四天王護国之寺』とは、国分寺の事も言うそうです。


さてさて 今回の目玉はのひとつが、『八角燈籠』でしょう。
これ、通常は、大仏殿の前に建っているものです。
展覧会で見ると、かなり大きいです。
だけど、大仏を見に行く時は、大仏殿に直行して、ちゃんと見ずにスルーしていたような。
でもあれ?一度、この灯籠を触りまくって ぐるりと見た記憶があるような、、ないような。。^^;

ということは、今は大仏殿の前は、この燈籠がなく、スカスカの状態なのですね。。
今、大仏殿に行くのも、滅多にない光景を見られて、面白そうです。

東大寺は、2度大きな火災に遭っており、今の大仏殿も建て替えた物ですが、
この八角燈籠だけは、創建時のままのもの。

もともとは金ぴかだったそうです。今は、枯れた感じの渋い青銅色になっています。

4枚の窓には、たて笛を持つ菩薩、横笛を吹くもの、笙をふくもの、小さいシンバルのような楽器を持つ菩薩が
飾りとして施されています。なかなかの彫刻です。

この目玉展示は、ぐるりとひと回りして見られるようになっています。

重そうなこの燈籠、どうやって運んだのかと思っていたら、分解できるそうです。
屋根部分、本体部分、足部分と、分解しての移動だった模様。

八角燈籠の両脇には、「良弁僧正坐像」(平安時代)と「僧形八幡神坐像」 (快慶作)が並んでいます。
この八幡神は、普通のお坊さんに見える人の形をした神様像です。
普通のお坊さんの神様像って、何だか面白かった。


大仏殿建立の際に使われただろう 伎楽面や刀なども展示されていました。
今回復活された、当時の雅楽 音声ガイドで流れてましたが、
雰囲気がよかったです〜。和みました〜。
雅楽は、「天平の楽泉」というタイトルでした。


もうひとつの見所は、
鎌倉時代に大仏殿を再興した重源(ちょうげん)上人と
江戸時代に再興した公慶(こうけい)上人の肖像彫刻でしょう。

あと、意外に素晴らしかったのが『不空羂索観音菩薩立像光背』
意外に、、というのは、、本体がなくて 光背だけなので、
「なんだ〜〜、ちょっと寂しいんじゃない?」と思っていたからなのです。

いやあ、、彫刻が素晴らしい。細かい。ひゃ〜、圧倒されます。

ご本尊がないと、光背を熱心に見れますし、なかなかの良い機会でした。

そして、バーチャルリアリティで流れていた この菩薩様の宝冠。

数万個の宝石をちりばめたもので、装飾が見事。
もう、、ただただ素晴らしいです!

ブログで写真付きで書かれていた方がいましたので、リンクさせていただきます。
宝石とは、ほとんどが玉、水晶などです。

これを見ながら、、
 昔は宝物を仏像や観音像に差し上げていたのですね、、
 今は、自分で買って自分のために飾ることが多いけど、、と
自分のことも含め、振り返ってしまいました。
私も、水晶が好きで、凝りましたもん。^^;

どちらもいいのだろうけど、、
その美しさを何代もにかけて 広く多くの民とわかちあうのもステキなことだと思います。


はてさて、大仏展とはいうものの、さすがに大仏様=盧舎那仏は運べません。
で、バーチャルリアリティにて 上映されていました。
画像には、NASAやJAXA の協力もあり、宇宙的な背景もあり、
奈良時代の 天上界のとらえ方の説明があったり、
どうして、なかなか見ごたえがありました。

楽しかったです!

展覧会にいくと、まるで プチ旅行に行ったみたいに、
エネルギーと『気』が変わって 気持ちいいものですね〜。

くっきりと晴れ渡った青空の中、緑の上野公園も気持ちよかったです♪
16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
16:53 | - | - | pookmark
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Entry

Category

Search

Archives

Comment

Trackback

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links

無料ブログ作成サービス JUGEM