<< main >>
Q&A 武術って戦うんでしょ?何で?
◆「なんで戦う必要があるの?」という根本的な疑問があります。
棒とか持って戦うでしょ。。。。。

動きはキレイですが、棒とか持って戦いますよね。
だって武術なんだもん ってことなんでしょうが、
柔道にしても空手にしても、なぜ戦うのか、私にはピンと来ないんですね。


■言われてみれば、なーるほど。
私個人の感触では、1対1での戦いは、あれは「ハーモニー」だと感じています。

初めて先生とロングスティック(長棒)を交えた時、「これはハーモニーだ」と驚き、面白く感じました。practice1

結構な力(パワー)を出して集中しながら 相手と同期を取るというのかなぁ。。。。。
まるで真剣勝負(って勝負じゃないんだけど...)のコミュニケーションだと思いました。

その後も毎回、スティック(長い棒)の練習をしていると、精神的にも動作的にも、お互いが作るハーモニーだと感じました。動き(型)は決まっていますし。

初心者の私の場合は、先生に支えてもらいながら動いている って感じでしたが。^^;

両者が技術的、パワー的にも高まった同士なら、それこそ無駄な動きがまったく無い
まるで舞のようなものになると思います。


◆ほぉ、決まった動きで、協力しあっているのですね。闘いのための武道ではないってことですね。

■本当の戦いの場なら、見知らぬ同士の戦いってことですから、型はないけど、
鍛錬を積んだもの同士の戦いなら、やはりハーモニーになると思うんです。

そこには、自分との戦い、自分と対峙する(自分自身とのハーモニー)という意味もあると思います。

武道とは、戦うためのものとして始まったのですが、いかに戦わずして勝つか、というものになってきたのではないでしょうか。戦わずして勝つためには、相手を知る、相手とのハーモニーが必要でしょう。
11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
11:35 | - | - | pookmark
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Entry

Category

Search

Archives

Comment

Trackback

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links

無料ブログ作成サービス JUGEM