<< main >>
ヒッグス粒子発見
※追記:7月19日(水)午後7時半〜、NHKのクローズアップ現代にて、ヒッグス粒子発見について報道されます。IPMUの村山さんも出演されるそうです。(18日の予定が変更された模様。)

昨日のトップニュースは、『ヒッグス粒子発見』でしたね。
興味のある人には、本当に心躍るニュースだったと思います。

こういう発見に触れられると、、、
あぁ、、ホントに生きてて良かった〜、と思います。^^;

先日亡くなった 元上司の我らが『親分』が元気だったら、
『ヒッグス粒子発見』の話題で一席もうけたくなる気分だったことでしょう。

『ヒッグス粒子』については、専門家の説明のほうがハッキリ判りやすいと思います。
私自身、今まさに勉強中なので。。^^;

こちら、発見したスイスのCERN で活躍している日本チームのブログ  読み応えがあると思います。

ヒッグス粒子が発見されたことで、
これから 科学の中で 新たな側面が解明されていくことになると思います。
宇宙ってどうなっているのか、、少しでも多くのことを知っていきたい!


あのね、、今ここに生きている生物って、
その肉体と時間の流れに、ものすごく(99%くらい)束縛されている存在だと思うのです。

それは、今存在する次元に固定されているという意味もあるけど。。。

で、その束縛から自由になった意識や、感覚、知識を持ってみたいと思うわけです。

私自身、数回ですが、それを超えた体験した事があると感じているので、あれは何だったのか
とても知りたいと思うワケです。

そして、次元、時間(過去、現在、未来)、物質というものが どういう仕組みで出現し、成立しているか、、
とてもとても興味があるのです。

 何故宇宙があるのか?どうして人間は存在するのか?
 宇宙はどうやってできたのか、、
 出来る前の宇宙はどうなっていたのか、これから宇宙はどうなるのか、
これって、人間の永遠の疑問だと思うのですよ。

歴史を振り返れば、
 一方で哲学的なアプローチあり、
 禅などの精神修業を通じてのアプローチあり、、
 科学を通してのアプローチあり、、など、、幾多の手法で人類が試みてきているものだと思います。

これ、どの手法も皆同じゴールを目指していると思うのです。

科学のアプローチの興味深い点は、
視覚的、数値的、物理的に、万人に示せる証明が出来ることだと思います。

最近は、研究方法も変化していて、どこかの国がリーダーになるのではなく、
各国が寄り添い、国際協力による研究が主流になっていることも
研究の公開性、進歩の速さともに 世界に貢献できるようになってきてます。

昨今、数学+物理学の分野では、宇宙探索による宇宙の成り立ち、星の形成などの情報、
そして、素粒子という微小世界の仕組みから、物質、生命などの仕組みに関する発見、
進化が、とても速いスピードで進んでいるように感じます。

近い将来、宇宙の成り立ち、、宇宙の仕組みがもっと判るだろうし、
これからの進展を心待ちにしながら、頑張って知識と思考を広げていこうと思ってます。

今もまだ、世界のあちこちで紛争が絶えないけれど、、
ぜひぜひ、早いところ紛争を終わらせて、、
大人も子供も、楽しく学ぶ環境が整う事を祈ります。

こんな楽しい発見やニュースは、世界中の全ての人と共有できるといい。
11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
11:19 | - | - | pookmark
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Entry

Category

Search

Archives

Comment

Trackback

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links

無料ブログ作成サービス JUGEM