<< main >>
カラリ・仕事始め
今日は、今年初のカラリパヤットゥ・ワークショップ。
こじんまりしたスタジオが、ほぼ満杯。

お正月、ゆ〜っくりして なまった身体がほぐれたようで、
”気持ちいい〜”という声があちこちであがっていました。よかったよん♪

今年も、健康で あらゆる意味でバランスよく 皆が活躍できますように!

さて、カラリパヤットゥ・インストラクターコース受講中の くーちゃんが
12月にインド修行に行ってきました。

今日は、そのお土産話と、インド道場の息吹のするストレッチを披露してもらい、
参加者皆も、入念に真剣に習っていました。

ストレッチといっても、侮る事なかれ。。。。
カラリ・ストレッチは結構運動量も多くて、それだけで汗かきます。

そうやっているうちに、、わたしゃ、、じわじわっとインドの道場が懐かしくなりました。

ヨーロッパ人のカラリパヤット仲間とも会ったそうで、
彼らの名前を聞いたりしているうちに。。。

 あぁ、インド行きたい〜〜!
 カラリ(道場)で練習したい!
 仲間や先生達に会いたい〜!!

と、道場が恋しくなってきて、ついつい道場のスタッフと fbでチャットしておりました。

インドで毎日カラリパヤットゥの練習をしてきたくーちゃん、
身体がやわらかくなり、精神的に逞しくなってきたみたい。

とっても楽しかったそうで、本当によかった。

こうやって、カラリパヤットゥの仲間たちが ふわっと国境を越えて繋がっていくのは楽しいことだなぁ。

私が楽しんできて、それを日本に伝えて、
興味を持った人たちがカラリパヤットゥを楽しんで、
行きたくなった人がインド道場に行って 様々な人々と触れ合って
そうやって カラリパヤットゥの技と それに関わる人々のハートをそれぞれが紡いでいくのだよね。

と思った途端、狂言の謡が頭に浮かびました。

『なほ千秋や万歳と。 
 俵を重ねて面々に。俵を重ねて面々に。俵を重ねて面々に。楽しうなるこそ目出たけれ〜。』

千年、万年と米俵を重ねあげて富み栄えるのはめでたい、、という意味だと思いますが、
「俵」を「縁」または「贈り物」と捉えてみると、まさに。。!

カラリパヤットゥを通じて、沢山の健康と精神性と人のつながりというギフトを積み重ね、伝えていくのは
心身の繁栄(質の向上)となり、何より楽しくめでたい、 

と読めるなあと思ったのでした。

去年は、インドにいけなかったけど、
今年の2月もちょっと無理そうだけど、、
今年は必ず インドの道場に行くぞぉ〜!
16:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
16:24 | - | - | pookmark
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Entry

Category

Search

Archives

Comment

Trackback

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links

無料ブログ作成サービス JUGEM