<< main >>
カラリパヤットとの出会い2 - 2008年秋
カラリパヤットの練習も、一人じゃつまらなくて、殆どやらなくなった頃、、、2008年

薫さんからの連絡で、”日本にまた戻ってくる”とのこと。
それも、カラリパヤットの道場の先生、C.M.シェリフ先生と一緒に。。。

単純に、”わ〜〜い。またWSやったら行くよ〜”と 楽しみにしてました。

2008年秋、アーユルヴェーダの講演を終えたシェリフ先生と
通訳薫さんのWSが東京で行われ、
”待ってました!”とばかりに、出席した わたしでした。kick-1

久しぶりのカラリパヤットは、気持ちよかったです♪
でも、、基本のキック(右写真)だけで、息があがってました。

シェリフ先生の動作は、大きくやわらかくどっしりとしていて、
動作の一つ一つに、奥深いものを感じさせるよう。。

とても存在感があり、終始にこやかで優しい笑顔がとても印象的でした。
その夜、シェリフ先生他、WSの参加者も交えてご飯を食べたときのこと。。。。。

突然シェリフ先生が、話の途中、
「インドに来るなら、集中コースを作ってもいいよ。」
「日本人は、長期休暇を取れないことは知っているからね。」 と話しだしたのです。

「え、ホントですか。来年行こーかな。たぶん行きます〜。」
自分で気がつく前に、そう答えていたような。。。。

その後、師シェリフ先生の許可の下、先生の道場、ケーララ・カラリパヤット・アカデミー(KKA)の日本・東京支部(現 KKA Tokyo JAPAN )を立ち上げる話が出てきました。

そんな中、2009年2月、待ちに待ったインドKKAでの練習に旅立つことになったのです。
14:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
14:41 | - | - | pookmark
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Entry

Category

Search

Archives

Comment

Trackback

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links

無料ブログ作成サービス JUGEM