<< main >>
モンゴル乗馬旅♪
いつものように・・突然思い立ったので、
先月、モンゴルで馬に乗ってキャンプしてきました。

 行ってよかった!
 楽しかった!
 また乗馬したい!!

5日間の旅行。
とても素敵な楽しいご夫婦と一緒に、印象的な旅行になりました。
感謝♪

さて、1日目は、ウランバートルまで直行便で飛び、
空港から1時間半くらいのナライハ草原まで行きます、、とのことで車に乗って移動しました。

でも・・・これがすごかった。

途中、たぶん空港から1時間くらい経った頃だと思うけど、
日本語ガイドのおにいさんが
「これが最後のお店で、此処から先は何にもありません」というので、
買うものも特になかったけれど お店に入ってみました。

小さな雑貨屋といった感じのお店。
ドアをあけると 真っ先に目についたのは、
「ごはんですよ」「ヤマサ醤油」「こくまろカレー」などなど日本語のラベルそのままの製品。

いやあ、こんなところで日本製品に出合うなんて、びっくりして 笑ってしまいました。
あと、、お酒が安かったのが印象的でした。(笑

そこからは、街灯もなくなり、車の数もどんどん減ってきます。
もう日が落ちて真っ暗になってきたころ、
幹線道路をクイッと右折すると、左右は大草原・・・
というべきか、ただのだだっ広い土地しかない風景。

暫く行って、急に左折して大草原(?)に入りますが、、どこにも何にも目印は無し。

いやあ、地元の人ってすごいなあ。。

昔読んだ「星の航海師」という本を思い出しました。
あれは、ミクロネシアの船乗りが星と海流を頼りに航海する話だったけど、
モンゴルはその草原バージョンかしらん、と思ったのでした。

だだっ広い土地には、縦横無尽に獣道ならぬ
タイや道があって、そこをたどって運転しているようでした。

小さな丘を越えると突然ゲルが現れたり、、
「着いた」ゲルに誰もいなかったり、
そんなこんなで2時間半くらいかかったでしょうか。
小雨の中、やっとその日の宿泊ゲルに到着。

日本語ガイドさんは、
「真っ暗だと慣れた人でも迷います」と説明していました。

到着後に頂いた ちょっと気の抜けたようなミルク茶が美味しかった!
お茶とスープを頂いて、暖炉に燃料の牛糞を足して頂き、コテンと眠りました。
疲れたのよん〜〜。

そうそう、牛糞を燃やすと、ほのかに甘いような香りがして癒されたのでした。
不思議と懐かしい香りでした♪

翌朝見たゲルとtent
ゲルの向こうにある馬たちの囲いと山羊たちの囲い(だと思う)
cabin

お世話になったツアーは、
ツオクト モンゴル乗馬ツアーの星空満喫ツアーでした。
ツオクトさんに質問したとき、とても早く丁寧な対応をしてくださり、安心感がありました。
22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
22:24 | - | - | pookmark
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Profile

Entry

Category

Search

Archives

Comment

Trackback

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links

無料ブログ作成サービス JUGEM