<< main >>
インド道場発オンライン・カラリクラス〜2回目終了
昨日、オンラインクラスの2回目が無事 楽しく終了しました。

かなり面白いです。
今回も、あっという間の1時間半。

動いてチェックしてもらって、説明を聞いて、質問して答えを聞いていると ホントにあっという間です。

さてさて、昨日のメニューは
・lohar (カラリクラスでストレッチに使っている中央系カラリの型)を数種類(先週のおさらいと新しいもの)+
 その中に含まれる攻撃の要素の説明、つまり こういう攻撃のためにやっている動作だよ、という説明

 セントラルカラリ(中央系カラリ)独特の足運びについての説明とお手本

 そして、型によっては、
 初心者はここまでしか出来ないけど、実はこういうゴールを目指している、という説明とお手本
 (例えばスクワットを例に挙げると、初心者は深く沈めないけれど、かがんだ時に地面に手が付くまで、
  または、お尻が踵につくくらいまで沈めるようになるのがゴール、というようなこと)

 先生のお手本は流石!すごい! 感嘆の声があがりました〜〜

・動物姿勢(象+ライオン+馬)のおさらい+猫+魚の姿勢

・カラリヴァンダナム=カラリの礼拝の型 先週この型の序の口を練習したので、
 フルフォームで練習し、数回繰り返してチェックしてもらう
 かなりゆっくりやったので、運動量もありました。

・シャクティフォームのうち、Waterフォームに挑戦。最初のパートを練習しました。
 これも、かな〜〜り ゆっくり丁寧に動く先生を見本に、真似して動きました。
 全身を大きく使い、結構な運動です(笑

 フォームの中に、イノシシの動きが出てきますが、その意味なんぞも実演+説明があり、
 盛り上がりました〜。
  
・Q&A 質問の時間 
  ”なんでいつも ここの筋肉が疲れるんでしょ?”とか・・ 
  どんな質問でもオッケー
 ザミールがどんどん説明を広げていき、よく盛り上がりますね。(笑


ザミールは、フィジオセラピーの資格を持っており(日本ではあまりポピュラーではありませんが)、身体全般はもちろん、骨格や筋肉についても非常に詳しいので、シンプルな質問から広く話が展開して、聞いていてとても面白いです。

※英語の会話なので、その場で上手く通訳出来なかった場合、後ほど補足として皆さんにお伝えしています


ザミールは8歳からカラリパヤットゥを習っていて、身体が柔らかく本当にパワフルに動きます。
フィジオセラピーの資格取得後、マッサージ治療に携わりはじめ、そのことで一層カラリパヤットゥの知識が深まったようです。

また、サポートで参加してくれているラメッシュ先生は、カラリパヤットゥの準師匠ですし、長年外国人や地元の人たちにカラリを教えマッサージ治療の経験も豊か、兎に角知識経験ともに豊富です。


来週と再来週のオンラインクラス、今もご参加を受け付けています、
↓ご興味あればメールにてご一報ください♪
email kkatokyo@mail.goo.ne.jp

ご参加、お待ち申し上げます〜。
13:28 | comments(0) | - | pookmark
スポンサーサイト
13:28 | - | - | pookmark
Comment








Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Profile

Entry

Category

Search

Archives

Comment

Trackback

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links

無料ブログ作成サービス JUGEM